19/09/27 02:53

めでたく売れました!

本題に入る前にトラちゃんの爪とぎを(=^・^=)

向上心が感じられる爪とぎ姿勢ですね(笑)
今回はマニアックなクラシックカーの話題なので、スルーしていただいて結構ですよ (^_^)/
ワンちゃんの話とキノコの話、イタリア製バイクの話もあります。

長いこと庭に置いてあった2台のクラシックカー(箱型スカイライン)ですが、うち1台がご近所の方とめでたく商談成立(^O^)/
もう1台は自分用です。中古で買って10年以上乗った愛車なので記念にずっと残しておきます。
ちなみに、ここでは雪が降ると実用になりません。4WDではないので雪道には弱いのです。
この車に昔から憧れていたとの事で、1年前から「譲ってください」と言われていました。
若いアメリカ人です。奥様は日本人で地元の方です。
本当に価値をわかって大切にしてくれる人なら無料で差し上げたいところですが、タダというのは何かと問題あるので格安でお譲りしました。
涙を流して喜んでおられました。

希少車なので店で買うと非常に高価です。東京か大阪に行かないと買えないと思います。
ネットオークションなら見つかりますが法外な高値がついていて、昨日初めて見て驚きました。
50年近くも昔の車ですが程度が良く、すぐに車検が取れそうです。
輸出されていなかった車種なので、アメリカではプレミアがついて恐ろしく高値なんだそうです。

車の年齢より若い人です。
自分が生まれる前の車に乗るって・・・不思議な感覚ですね。
それを今でも現役で走らせることができるんです。
部品は今でも入手できます。まったく問題ありません。

10年動かさなかったので、ブレーキが固着して車輪が回りません。
ブレーキを分解して動くようにします。
さすがに手慣れたものです。彼はアメリカでは整備士の仕事をしていたのだそうです。

後ろ姿。レーシングカーのような板羽根が付いています。
昭和40年代にレースで50連勝した車種(GTR)を真似たスタイルです。
これは公認がとれている改造車で、エンジンは2000ccから2800ccに換装されています。申し分ないパワフルな加速性能です。
GTR以上の高性能車、しかも整備は簡単で維持費が安く耐久性が良い。
事故歴はなく、ボディやフレームのサビはまったく問題ないレベルです。
大切にすれば一生乗れるかもしれません。
当時のエンジニアたちの魂がこもった、まさに芸術作品!
今は残念ながらこんな良い車はありませんね。どれも皆コスト重視で利益優先です。
この価値を理解してくださる外国人がいたという事は本当に嬉しいです。

私が自分で20年前に塗装したのですが、耐久性バツグンです。
若い頃塗装工場で修行して、技術を覚えました。
塗装したままで表面はまだ磨いてなかったので、部分的に磨いてみました。
鏡のようになりました。

ボンネットは変色してしまいましたが、表面のツヤは鏡のようで平面性も良い。
大切にしようとカバーをかけたのがいけませんでした。内部に湿気がこもって蒸れてしまうのです。
完全野ざらしのほうがずっと長持ちしたと思います。
もちろん屋根付き車庫が理想ですが。

耐久性に優れた美しい塗装は、下地段階で丹念に水研ぎをした努力の成果です。
塗装の出来は下地作りの作業で9割が決まります。
下地に手抜きをすると短期間で塗膜が剥がれたりサビが出たりします。
焼き付け塗装ではなく20年以上も雨ざらしでワックスもかけてないですが、全然問題ない耐久性です。
もちろん塗料はプロ用の業務用で、硬化剤と混合させ化学反応で硬化させる2液型ウレタン塗料です。(関西ペイントPG80)
硬化すればシンナーで拭いても溶けません。
これは旧型塗料で安価ですが、手抜きをせずに丁寧な作業をすればこのように仕上がりも耐久性も良いのです。
ところが一般に板金塗装工場ではお客から「安く安く!早く早く!」
と要求されるので手抜きをしてしまいます。

この年代の車は、戦争から辛くも生還した私の父たちの世代が、日本の復興を期して頑張って不眠不休で作り上げた努力の結晶です。
世界に冠たる日本車の地位を確立し、高度経済成長の礎となりました。もはやこれは立派な文化遺産だと思います。

彼は日本に来てまだ3年。日本語はようやく少し話せるようになりました。
ペルー生まれで8歳のときに家族でアメリカへ移住、結婚後はペルーに5年住んだ後に奥様と愛犬とともに日本に移住しました。

ワイヤーロープで引っ張ってバックさせ、道路に出られるよう準備します。
エンジンがかからないので、ワイヤーロープで牽引して運びました。

めでたく到着。歩いて5分ぐらいの距離、ご近所さんで本当にラッキーでした。

ブロ友のしーなさんが喜びそうなイタリア製の大型バイク(750cc)もお持ちです。
同じイタリアでも旦那様が乗っているディアベルではありません。私はバイクのことはわからないので名前は忘れましたが、フェラーリのエンジンが搭載されているのだとか。
イタリアンレッドが美しい。
ステンレス製のマフラーが程良い焼け具合で美しく、サウンドも痛快でした。
アメリカでは高価だそうですが、日本ではあまり認知されていない車種なので、思いのほか安く買えたそうです。
新しく見えますが、20年も前の製品です。

愛犬オルフェ君は4歳。外国へ連れ出すのは手続きが面倒で大変苦労したとのこと。
ペルーの犬種なので日本では珍しいのだそうです。
私は子供の頃から犬が苦手ですが、オルフェ君とはすぐに友達になりました。とってもお利口で、すごい甘えっ子です。まだ精神年齢はBABYだと言っていました。まったくそのとおりです(笑)

しーなさんが来てくださったので、
マニアックなバイクの写真を追加です(^O^)/

pilさんが喜びそうなキノコの話題も。
庭に生えた大きなキノコ。
たぶんツチカブリだと思います。シロハツかもしれません。
毒ではありませんが、不味い。
とくにツチカブリは苦くてひどい味です。シロハツなら少しはマシですが、美味しくない。
今年のキノコ、今のところロクな物がありません。

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[12 ]   トラックバック[0]