16/04/04 17:34

2階のリフォーム。

新たに始まったリフォーム現場の様子です。

古民家の2階のリフォームをご依頼いただきました。
お子さんたちが勉強できる部屋が欲しいとのことで、
使われていなかった2階の部屋をリフォーム。


現在、解体工事が行われているところです。
 



2階は、全体が畳敷きの土壁で、鴨居もある和室になっていました。


天井板も外します。


畳を外した床板は、実は1階の天井も兼ねており、
1階と2階の境目は、この板1枚のみ。
2階のホコリが、この床板の隙間から1階に落ちてしまうという
状態だったそうです。
工事中もホコリが1階に落ちないよう、一時的にガムテープで
目張りしています。

(壁に貼られたシールが気になりますが…
おそらく、この部屋を使われていた方は、
私と同世代?くらいの方かな〜?と、勝手に想像しました。
懐かしいアイドルのお名前があちらこちらに。
残念ながら、こちらはその上にボードが貼られてしまうそうで、
見えなくなってしまいます。)


天井板を外すと、立派な梁が見えてきました。
もともと立派な造りの家であることがわかります。
築100年くらいになるそうです。

これまで、このような立派な梁や柱が、この家を支えてくれているのです。
昔の家は、やっぱりすごいですね。

昔から続いている立派な家を、
現代の子供たちが暮らす空間にリフォームします。

どのようになっていくかは、またこちらで。

ブログ担当 N

カテゴリ[ リフォーム・増改築]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません