12/07/01 19:09

老子の続き(第55章)

 この章も面白いですね。 理想の人物は 「赤子(せきし)」 赤ん坊のような人で、 「強壮は危ない」 というのです。

                                     

 含徳之厚、比於赤子。毒産蟲不螫、猛獸不據、攫鳥不搏。骨弱筋柔而握固。未知牝牡之合朘而 作、精之至也。終日號而不唖、和之至也。知和曰常、知常曰明。益生曰祥。心使氣曰強。物壯則老、謂之不道。不道早已。

                                    

 徳を含むことの厚きものは、赤子(せきし)に比す。 毒蟲(どくちゅう)も螫(さ)さず、猛獣も據(よ)らず、攫鳥(くわくてう)も搏(う)たず。 骨弱く筋(すじ)柔らかにして而(しか)も握ること固し。 未(いま)だ牝牡(ひんぼ)の合(がふ)を知らずして、而も朘(しゅん))の作(おこ)るは、精の至ればなり。 終日號(がう)して唖(あ)せざるは、和の至ればなり。 和を知れば曰(すなは)ち常(じゃう)、常を知れば曰(すなは)ち明(めい)、生を益せば曰ち祥(しゃう)、心(こころ)氣(き)を使へば曰ち強なり。 物(もの)壯(さか)んなれば則(すなわ)ち老ゆ。 之を不道と謂(い)う。 不道なれば早く已(や)む。

                           

 優れた徳を持っている人はまるで赤ん坊のようであるといえます。 赤ん坊には毒虫も刺すことがないし、猛獣も寄ってきません。 また、猛禽が爪をかけることもありません。 赤ん坊の骨は弱く筋肉も発達していませんが手を握る力は相当なものです。 男女の交わりなども知らないのに勃起をしたりしますがこれは精が充満しているからです。 一日中泣き通しても声が嗄れないのは自然と調和しているからなのです。 この調和を心得ていれば永遠に変わることの無い常道を身につけているといえます。 この常道が分かることを明知といいます。 反対にさかしらに不合理に生への執着を持てばかえって災いをもたらすことになります。 気力を使いすぎれば無理強いをすることになり、強壮であればあるほど早く老いてしまいます。 これを道に逆らう不道といい、不自然な行いをすればするほど早く滅びてしまうものです。

                   

 この章のすごさは、常識的な「剛強」というものを否定し、その「強さ」がいかに危ないか、「無為自然」の大切さを「赤子」を例にとって述べています。 最近の政治を見ていると「無理押し」ばかり目立ちますね。

                             

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 5.「老子」関連]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=27780

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません