11/11/28 14:10

坂城町役場の ミニ・ギャラリー

 坂城町文化協会の皆様にお願いをして、坂城町役場の1階から2階に上がる階段に数点の絵画を置いていただきました。

 今後とも作品を入れ替えて展示する予定です。

 役場にお出での際に、ご覧いただければ幸いです。

作品は左から 中島隆人さんの「赤そばの里」、内堀君子さんの「砂浜」、林志津子さんの「森」です。

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/11/24 20:58

イトーヨーカドー・セブンイレブンの移動販売開始

 坂城町でのイトーヨーカドーさんとセブンイレブンさんの移動販売が始まりました。

 イトーヨーカドーさんは3トン車の改造車、セブンイレブンさんは軽トラの改造車です。

 イトーヨーカドーさんは全国でも初めての試み。 セブンイレブンさんは長野県で初めての試みとなります。

 これで、買い物にご不自由を感じられておられる方々の一助になればと思います。

 

  

ARIO上田店での出陣式を終え、イトーヨーカドーさんは月見区の集会所で販売を開始。

     

 

セブンイレブンさんは、役場横の駐車場で販売を開始しました。

 

 両社の坂城町巡回スケジュールは以下の通りです。 

 

 http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1001000000519/index.html

  

 今回の取り組みは、夏ごろに私が両社にご相談してから、わずか3ヶ月で実現しました。 素早い取り組みに感謝いたします。

 

 坂城町長 山村ひろし

 

 

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/11/21 16:26

ねずみ大根祭り

 一昨日(11月19日) 「ねずみ大根祭り」が開催されました。

 雨の中でしたが、大勢の方々にお出でいただき盛大に開催されました。

 開会式の中で、マスコットキャラクターの命名式も行われました。

 800を越す ご提案の中、選ばれたのは 「ねずこん」 です。

 なかなかかわいらしい名前ですね。 子供たちから多くご提案いただきました。

 今後とも、可愛がっていただければ幸いです。

  

 また、当日、別会場の「ねずみ大根畑」では東京や長野から大型バスでお出でになった方々が、雨の中、「ねずみ大根」の収穫をされ両手に一杯 「ねずみ大根」をお持ち帰りいただきました。

 当日の詳しい様子は以下のサイトをご覧ください。

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1001000000172/index.html

  

   坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/11/19 20:40

最近、坂城町役場に来られた 坂城町のヒーロー

 最近、坂城町役場を訪問された、坂城町のヒーローお二人をご紹介します。

 一人目は、10月の山口国体(第66回国民体育大会)のボーリング成年男子個人の部で長野県代表として出場され、見事優勝された、KYB-YS?にお勤めの野崎新市さん。 

   二人目は、長野県卓越技能者表彰(信州の名工)に選ばれた、?日精樹脂工業にお勤めの中沢義治さんです。

 詳細につきましては、次の坂城町のホームページをご覧ください。

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1001000000172/index.html

  

    坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/11/19 20:09

国道18号バイパス早期完成への陳情活動

 昨日(11月18日)、坂城町の国道建設要望活動として国道18号バイパスの早期完成を目指して、坂城町宮島祐夫議長、塚田忠議員他とともに大宮の国土交通省関東整備局、国土交通大臣、民主党幹事長室、長野県選出各議員を訪れました。

    

国土交通省関東整備局 池田道路部長殿(左)と

左から、坂城町塚田忠議員、平山幸司民主党副幹事長、羽田雄一郎民主党参議院国対委員長、山村町長、坂城町宮島議長、荒川建設課長

国土交通省津島政務官と

北澤俊美議員と

小坂憲次議員と

若林健太議員と

  

 国道18号バイパスにつきましては皆様ご存知の通り、今年度、調査費が付けられ事業が開始しております。 しかしながら、工事完成までにはこれから10年とも言われております。 地元の交通渋滞を考えると一刻も早く完成をしていただかなくてはなりません。 防災上の観点、病院への救急搬送などの問題からも粘り強く関係諸機関への訴えを続けていきます。

 

  皆様方のご協力が何より必要です。 宜しくお願いいたします。

   

 坂城町長 山村 ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/11/14 17:37

東京坂城会

 昨日(11月13日)、東京坂城会に参加しました。

 東京坂城会は坂城町ご出身の方々で、東京中心に、関東地区にお住まいの方々の会です。 (会長:玉井修治氏)

 

  

    (東京坂城会 玉井修治会長)

  

 会場は小石川後楽園内の「涵徳亭」で、今回は第16回目の開催となりました。

 ご高齢の方もいらっしゃいましたが、皆様お元気で約40名ご参加いただきました。

 坂城町を東京から支えていただいている誠に頼もしい皆様です。

  

 

  

 私は、小石川後楽園のすぐ近くの湯島天神の近くで生まれ育ちましたので、今回の東京坂城会にご招待いただき、誠に感無量でした。

 今後とも、皆様方の益々のご活躍を祈念いたします。

 

   坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/11/10 12:58

「南条小学校金管バンド」の活躍

 坂城の子供たちが頑張っています。

 今日、ご紹介するのは南条小学校金管バンド部です。 8年ほど前に結成されたそうですが、依田先生のご指導もあり、メキメキ腕を上げ、金管バンドのコンクールでは常連となって全国的に活躍しています。

 先日(10月29日)、岐阜県飛騨高山ビッグアリーナで開催された、第15回東海小学校バンドフェスティバル(第30回全日本小学校バンドフェスティバル〔予選〕)に出場し、銀賞を獲得しました。 惜しくも全国大会への出場権は逃したものの、素晴らしい結果に部員の皆さんは喜んでいます。

  同部はこれまでも、3度の全国大会最高賞を受賞しているほか、その他にも様々な賞を獲得するなど、輝かしい成績をおさめてきています。

  本日(11月10日)、坂城町役場へ報告に来ていただきました。

左から、南条小学校・山田利幸校長、依田吉志子先生(金管バンド部顧問)、三井智子さん(同部部長・アルトホルン)、坂元愛梨さん(副部長・ドラムス)、山村町長

 

 今後、ますますのご活躍をお祈りします。

 (本ニュースの詳細は、町のホームページ、広報誌にも掲載される予定です。)

 

  坂城町長 山村ひろし

 

 

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/11/09 20:21

スマート タウン 坂城を目指して

 最近、「スマートコミュニティー」 という言葉が使われるようになりました。

 特に、3月11日の大震災に伴う原発の事故、各地での原発の停止などを契機に自治体で様々な新エネルギーへの取り組み、あるいは効率的なエネルギー使用のあり方について検討を始めています。

 坂城町では、このたび、経済産業省の  「スマートコミュニティー構想普及支援事業」  に応募し、採択されました。 (平成23年度事業 金額約800万円)

 このスマートコミュニテイーというのは、電力需給両面での変化に対応し、情報通信技術を活用して効率的に受給バランスをとったり、熱や未利用エネルギーを含めたエネルギーを地域単位で総合的に管理し、融通するためのシステムです。

 今回の事業は、このスマートコミュニティーを坂城町で実施するための状況調査を行うものです。

 この事業は大変競争率の高い、厳しいものでしたが、幸いにも事業採択となりました。 自治体、企業から応募のあった中、全国で48事業が採択されましたが、町村では北海道のニセコ町と当町のみ採択、県内では当町と須坂市のみの採択となりました。

 坂城町には約260社の多くの工場群があります。 エネルギーの安定的供給は必須であります。 是非とも、この事業を通して坂城町での 「スマートコミュニティー」 を実現し、スマートコミュニティならぬ、「スマート タウン 坂城」 を実現したいと思っております。

 なお、本事業を実施するために昨日(11月8日)、坂城町臨時議会を招集させていただき、関連補正予算をご承認いただきました。

 本事業は24年3月までに終了させる必要がありますので、坂城町の皆様の絶大なるご協力をお願いいたします。

  

  坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/11/01 17:39

坂城中学校の授業に参加

 昨日(10月31日)、坂城中学校の授業に参加しました。 この授業は実践的な 「ものづくり」 の授業で、テーマは 「鈴木文庫用の本立を作ろう」 というテーマです。

 

 坂城町出身でセブン&アイ・ホールディングの会長をされておられる鈴木敏文さんは坂城町の小学校、中学校に多くの図書を寄付され、各学校では「鈴木文庫」と呼ばれ、多くの子供たちに利用されています。

 坂城中学校ではこの 「鈴木文庫」 をもっと使いやすくするために自分たちで専用の本立てを作ろう、ということになり、図書委員会で特別に外部の先生(E クリエイト 河野先生)を招いて、本立て作りの実践的な 「ものづくり」 教室を開始しました。 (指導教諭:窪田啓三先生)

 昨日は、その第一日目で、皆でどんな本立てができるかディスカションをしました。

 この図書委員会は全員で28名で、1年生から3年生までが一緒になり4班に別れ学習を開始しました。 先輩が後輩を助けながら活発な授業が行われています。

 生徒の皆さんには、本立てが完成したら鈴木さんに見ていただくか、少なくとも写真を送ってくださいと激励しましたので、立派な作品ができるものと期待しています。

 

  坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]